アトピー・花粉症・ヘルペス帯状疱疹

症状の原因

img01

東洋医学と皮膚疾患

東洋医学の考え方―皮膚表面は衛気、という気のバリアで覆われています。よく、アニメとかSF映画でありますよね、体全体が外敵から自分を守るシールドに覆われている、という考え方です。
人体には四六時中、常に外からビールスや細菌などが侵入を狙っています。ですが衛気がしっかりしているときは分厚いオーラに包まれているようなもので、外邪を寄せ付けません。それらをはね返します。
皮膚疾患、アトピー、ヘルペス、肌荒れなどに悩まれる方は、みなさんバリアが薄くなっている状態で、外敵に負けやすくなっています。

img02

バリアを増やすためには?

衛気は内臓で作られます。そして内臓をコントロールしているのが経絡という14本の気の流れです。ですから、経絡を正常化するのが何にも増して重要なことになります。
また、<免疫>という外敵をやっつけ、自分を守るシステムを
正常化するのも重要です。そのために大事な事の一つは腸の状態、良い腸内細菌叢、及び正しい食事です。

具体的な養生法

  • 経絡の正常化
  • img03

    雑誌にみられる、何々病にはこのツボ、というやり方でツボを選び、そこをもんだり、千年灸などをすることで経絡を正常化するのは残念ながら難しく、確率的に非常に低いです。
    数少ない脈診のできる鍼灸師に診察してもらう方が確実です。

  • 免疫の正常化
  • 適切な食事、運動、心の持ち方、規則的な生活などは免疫を正常化します。
    具体的に書くと膨大になりますので割愛させていただきます。

  • 腸内細菌の正常化
  • 人体は細菌と共生しているので、善玉菌が腸に多くいるのはとても大切なことです。そのためには乳酸菌やヨーグルト、酵素など各種サプリをとるのも大切です。
    ちなみに私も数十年、しょっちゅう下痢をしていたのが、あるサプリをとるようになってから劇的に止まりました。身をもって腸内細菌の大切さを知りました。
    ただ五万とあるサプリの中から、自分に合うものを見つけるのは大変難しいので、当院ではオーリングテストという筋肉の反射を利用したテストで、あなたにあうサプリをアドバイスします。

当院の治療法(鍼灸治療)

脈診

東洋医学脈診で経絡を診断・気を流し込み正常化

てい鍼という刺さない鍼を使用するので無痛です。皮膚表面を支配する肺経という経絡の異常が多く、免疫を司る腎経の異常も多々ありますが、粘膜を司る脾経の異常もあります。これを正すことにより治癒のメカニズムがONになります。

患部の治療

患部の治療

痒かったり痛かったりする場所以上に重要なのが喉、扁桃腺のあたりです。ここは外から細菌が入ってくる最初の関門で、免疫が落ちているのでばい菌を完全に追い払えず、持続感染しているのでほとんどの方が腫れています。するとますます免疫が落ちて悪循環になります。そこで、ここの組織をゆるめて血液を増やし、免疫を正常化します。

脈診

治療後のアフターフォローも万全です

治療後、家でやってもらう温灸のツボを取ったり、生活習慣の指導、また希望者にはオーリングテストで御自身に合うサプリのアドバイスもします。

体の歪みとアトピー

img03

今までに何人ものアトピーの方を診させていただきましたが、皆様に共通しているのは首が悪い・喉が腫れているということです。人体は常に異物である細菌、ビールス、バクテリアなどの侵入者と戦っており、その戦いの第一関門が喉です。白血球やマクロファージなどの免疫部隊が喉で異物を攻撃し撃退します。ところが敵が強いと勝てはしないが負けもしない、という綱引き、持続感染の状態になります。アトピーの方の喉を診ると例外なく喉が腫れ、ばい菌に勝てない状態(持続感染)で、これが免疫に大きなストレスを及ぼしています。

当院の治療法(整体治療)

歪み解消

体の歪み・首や喉のコリを取ります

コリを取ることで筋肉が柔らかくなると血液が届き、
細菌をやっつけます。
そして持続感染が解消します。

仙骨治療

頭蓋ー仙骨治療

頭蓋骨と骨盤の間を流れる脳脊髄液の流れを正常化し、
免疫を高めます。

下垂矯正

内臓の下垂を矯正

内臓の下垂を矯正することで自然治癒力を高めます。

ホームに戻る
Plugin creado por AcIDc00L: key giveaway
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: posicionamiento web