腰痛の原因を猿に学ぶ

2017-11-01

 

youtuuji
image-1550

最近、テレビの健康番組が増え、腰痛は最もポピュラーなテーマの一つです。

NHKやNHKのE-TVでもよく取り上げられ、著名な大学病院のドクターが、

「レントゲン写真やMRI画像と患者さんの症状は一致しないことが多く、

結局は腰痛の80%は原因不明で、心の持ち方や脳の問題」

と発言され話題になっていました。

でも、心の持ち方やストレスはなかなか、変えにくいですね、

それぞれ長年かかって出来てきた考え方や性格のあるし。

では他に方法はないのでしょうか。

ここで、思い出していただきたいのは猿回しの猿の腰痛です。

野生の猿は腰痛を滅多に起こしませんが、芸を教えるために2本足で立たせると、

しばしばぎっくり腰を起こすそうです。

つまり、いかに直立歩行が悪いかです。

人間も体の関節面から見ると2本足と4つ足の中間くらい、まだ完全に2本足に

進化しきってないそうです。

その上、現代人は歩くことが減り、座りっぱなしで常に骨盤や股関節が固定され、

カチカチに固まっています。

これではその上部にちょこんと乗っている腰骨が負担を覚えて

痛ーぃ、と悲鳴を上げても当然ではないでしょうか。

ご来院になる腰痛の方のほとんどは仕事や家事で、座り放しか立ち放しで

股関節や下肢全体がカチカチに固まっておられます。

それが長引いて骨盤が後傾、つまり後ろ方向に回転しておられます。

腰骨付近の筋肉は凝り固まり、血流は悪くなり神経は障害を受けます。

だから、腰痛でお悩みの方は時々、下肢(骨盤、股関節、足全体)をぶらぶら

前後左右に振る、体操をされてはいかがでしょうか。

壁に片手をつけて立ち、片足を前後に10回大きく振る運動を左右繰り返します。

これを2-3セット繰り返し、最後にお尻を軽く後ろから前に押して後傾している

骨盤を前に戻します。

こうすると腰骨に血液が供給されて喜び、痛ーい、

という悲鳴を上げにくくなると思います、お試しを。

最近、テレビの健康番組が増え、腰痛は最もポピュラーなテーマの一つです。

NHKやNHKのE-TVでもよく取り上げられ、著名な大学病院のドクターが、

「レントゲン写真やMRI画像と患者さんの症状は一致しないことが多く、

結局は腰痛の80%は原因不明で、心の持ち方や脳の問題」

と発言され話題になっていました。

でも、心の持ち方やストレスはなかなか、変えにくいですね、

それぞれ長年かかって出来てきた考え方や性格のあるし。

では他に方法はないのでしょうか。

ここで、思い出していただきたいのは猿回しの猿の腰痛です。

野生の猿は腰痛を滅多に起こしませんが、芸を教えるために2本足で立たせると、

しばしばぎっくり腰を起こすそうです。

つまり、いかに直立歩行が悪いかです。

人間も体の関節面から見ると2本足と4つ足の中間くらい、まだ完全に2本足に

進化しきってないそうです。

その上、現代人は歩くことが減り、座りっぱなしで常に骨盤や股関節が固定され、

カチカチに固まっています。

これではその上部にちょこんと乗っている腰骨が負担を覚えて

痛ーぃ、と悲鳴を上げても当然ではないでしょうか。

ご来院になる腰痛の方のほとんどは仕事や家事で、座り放しか立ち放しで

股関節や下肢全体がカチカチに固まっておられます。

それが長引いて骨盤が後傾、つまり後ろ方向に回転しておられます。

腰骨付近の筋肉は凝り固まり、血流は悪くなり神経は障害を受けます。

だから、腰痛でお悩みの方は時々、下肢(骨盤、股関節、足全体)をぶらぶら

前後左右に振る、体操をされてはいかがでしょうか。

壁に片手をつけて立ち、片足を前後に10回大きく振る運動を左右繰り返します。

これを2-3セット繰り返し、最後にお尻を軽く後ろから前に押して後傾している

骨盤を前に戻します。

こうすると腰骨に血液が供給されて喜び、痛ーい、

という悲鳴を上げにくくなると思います、お試しを。

Plugin creado por AcIDc00L: bundles
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: seo valencia