自律神経失調症

自律神経失調症とは

img01

自律神経は内臓やホルモン、血管など生命を維持するための人体内のシステムをコントロールする神経です。
アクセル神経である交感神経、ブレーキ神経である副交感神経の2種類があり、お互い綱引きをして、どちらかが強くなりすぎないように牽制しあってバランスを取っています。それがうまくいかなくなった状態が自律神経失調症で、自分の意志ではコントロールが大変難しいと言われています。

A:交感神経優位

イライラ・不眠・高血圧・肩こり・頭痛・便秘・胃腸障害など。
仕事や家事に追われ働き過ぎ症候群です。

B:副交感神経優位

気力がない・ぼーっとしてる・ノロノロ運転・風邪をひいてなかなか治らない・アレルギーになりやすいなど。
退職で生活が激変した後や交感神経優位が長期続いた反動でしばしば起こることがあります。

C:交感神経、副交感神経ともに低位

うつ症状・いつもだるい・やる気が出ない・疲れやすい・眠れない・眠っても寝た気がしないなど。

D:交感神経、副交感神経共に異常に高位

パニック障害・不安・過敏症など。

自律神経失調症の症状・原因

img02

自律神経失調症の症状

実に多岐にわたる症状がでます。
血圧が上がりすぎ又は下がりすぎ、冷や汗、脈が早くなりドキドキする、冷えのぼせ、立ちくらみ、めまい、耳鳴り、微熱、倦怠感、不眠、生理不順、うつ状態、情緒不安定などなど。

自律神経失調症の原因は?

西洋医学的にはストレス、更年期などが原因とされていますが、当院はそれ以外の原因を重視します。それは首の上部や骨盤などの自律神経が出てくる部位における神経圧迫です。たいてい自律神経失調症の方は、のどの周りや首上部、または腰、骨盤周辺がカチカチ・コリコリになっておられます。調子の悪い方は、ご自身であごの下あたり(迷走神経の出口)や腰骨のあたりを触ってみてください。多分コリコリになっています。ここが固くなると、血液が供給されず、自律神経が十分に働きません。また、脳と脊椎の間を循環する脳脊髄液の流れを悪化させます。

自分ではどんな事に気を付けたらよいですか?

img03

規則正しい生活をしてストレスを貯めないこと、また気持ちや考え方を変えることです。様々な呼吸法や自律訓練法、ヨーガや太極拳などの健康法があります。

音楽療法

最近、自律神経を整えるCDが出ており、当院でもBGMでかけることも有ります。次の呼吸法や瞑想法と組み合わせるとより効果が期待できます。

呼吸法

ゆっくり鼻から吸い、ゆっくり吐きます。(吐くのは鼻・口どちらでも可)吸う息、吐く息の割合を1:2にします。

簡単な瞑想法

呼吸するときに吸うときに「ありがとうございます」吐くときに「感謝してます」と唱えます。そして、生かされていること、周りの人たちに心から感謝します。生れ難し人界に生まれ、しかも現代の日本に生を受けたことに感謝します。それがいかに稀有な事か、世界の他の国の人々やや古人を思うとよく分かります。

運動法

太極拳、ウォーキング、エアロビクス、ヨガなど多々あります。手っ取り早いのは20分程度の速歩です。

ただ、「言うは易し行うは難し」で自分でコントロールするのは大変難しく時間もかかります。治療により体を変えた方が、自身で気持ちを変えるよりはるかに簡単で確実です。なぜなら人の思考や行動様式は何十年の積み重ねだからです。

当院の自律神経失調症に対する治療法(鍼灸治療)

②

脈診による経絡治療で気の流れを正常化します

経絡(気の流れ)が正常になると神経や内臓が本来の働きを取り戻します。

当院の自律神経失調症に対する治療法(整体治療)

歪みの強い方には整体をして神経圧迫を取り除きます

めまい・耳鳴り・頭痛・不眠などは頭蓋骨や骨盤の歪みが原因となることがしばしばあります。整体で神経圧迫を取り除き、脳脊髄液の循環不全を正すことで自律神経が正常に働ける体に戻していきます。また、頭蓋骨の縫合の矯正をして脳脊髄液の流れを良くします。いずれも高度な熟練と経験を要する治療法で、ソフトで気持ち良いと評判です。

歪み解消

体の歪み・首や喉のコリを取ります

コリを取ることで筋肉が柔らかくなると血液が届き、
細菌をやっつけます。
そして持続感染が解消します。

仙骨治療

頭蓋ー仙骨治療

頭蓋骨と骨盤の間を流れる脳脊髄液の流れを正常化し、
免疫を高めます。

下垂矯正

内臓の下垂を矯正

内臓の下垂を矯正することで自然治癒力を高めます。

ホームに戻る
Plugin creado por AcIDc00L: key giveaway
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: seo valencia