鍼灸

当院の特徴Features

東洋医学脈診で経絡調整、自然治癒力が
活性化し基から元気に!
接触鍼やごく浅い鍼なので無痛で気持ち良く、体に優しい!
痛みやコリは勿論、内科疾患や気の病、
皮膚病などにも効果的!

鍼灸はどんな病気に効果があるの?

痛みの病気

腰痛・ギックリ腰・坐骨神経痛・椎間板へルニア・肩こり・頚腕症候群・頭痛・偏頭痛など

関節炎・腫れ

膝関節炎・テニス肘・五十肩などの関節疾患

交通事故などのケガ

ムチウチ・交通事故後遺症・スポーツ外傷など

アレルギーや免疫疾患

アトピー・喘息・花粉症・リウマチなど

婦人科疾患

更年期障害・不妊症・つわり・逆子など

心の疾患

うつ病・パニック障害・PTSDなどの心の疾患。
ただし入院が必要なほどの重度な方はご対応出来かねます。自宅で日常生活が可能な方対象。

不定愁訴

自律神経失調症・元気が出ない・風邪が治らない・大病をしたなど。

内科疾患

胃腸病・肝臓病・糖尿病・高血圧など

耳鼻咽喉科疾患・花粉症

めまい・耳鳴り・滲出性中耳炎・気管支炎・喘息など

小児科疾患

夜尿症・夜泣き・かんむしなど

鍼灸の適応症が多すぎると思われるかもしれませんが、鍼灸、特に経絡治療は生命エネルギーを高め、自然治癒力を賦活するので、効果ある病気が大変多いのです。
巷で多く行なわれている鍼灸、つまり痛いところ、凝っているところのみに治療する刺激療法の鍼灸とは病気の捉え方や効果が全く違います。
また、経絡治療は生命力のアップができるため、アレルギー、治りにくい風邪などの免疫疾患や更年期障害などのホルモンのアンバランスからくる病気にも大変効果的です。
近年ストレスからおこる心の病が激増しておりますが、気の調整を行うと、心にもよい影響が及びます。

治療の流れ

①辛いところや体質を書いてもらい、
問診します
②脈診やお腹を診たりして東洋医学的な
診断をします
① ②
③気の滞っているツボに鍼をします。
接触のみで全く無痛です
④使う鍼は髪の毛位の太さです
③ ④
⑤鍼の代わりに、てい鍼(金や銅の棒)も使います ⑥温灸は燃え尽きる前に取るので熱くなく気持ち良いと評判です
⑤ ⑥

よくある質問

鍼灸はどんなやり方ですか?

鍼灸治療には、その病気の原因に対する考え方の違いにより、大きく分けると、2つのやり方があります。
1つはコリが病気の原因とする考え方で、西洋医学的テストなどにより、病気の程度を知り、治療は鍼や灸をコリをとる手段として使います。
もう1つは体内を流れている生命エネルギー(経絡)の乱れが根本原因であり、コリはその結果生じたものと考え、生命力のアップに第一義をおきます。両者は考え方も治療方法も全く違うので、当然、効果も大きく違ってきます。

祖先より、3千年も前から伝承されてきた東洋医学の本流は後者なのですが、その為には脈診という東洋医学独自の診断法が不可欠です。
しかし、その技術があまりにも難しいため、わが国で行われている鍼灸治療の大多数、80-90%は前者のやり方です。
当院では、その効果および安全性、心地よさなどから後者のやり方(経絡治療)と行なっています。

実際の鍼灸治療は?

まず、患者さんの脈やお腹を見ます。生命エネルギーの流れ(経絡)は14本あり、健康な時はすべてがスムーズに流れていますが、病気や体調が悪いときは滞っている流れがあります。脈やお腹を見ることにより、悪い流れを知ることが出来るのです。
次に金か銀の鍼を使って、経絡にエネルギーを入れるのですが、患者さんはほとんど何も感じず、敏感な方は温かみを感じる程度です。きっちりツボにあたっていれば、鍼は接触する程度で十分効果があるからです。
経絡がととのった時点で、脈やお腹の状態もよくなり、患者さんの愁訴、例えば腰痛なら腰の筋肉の硬さもかなり改善されています。
その後、局所に対して、はり灸をしますが、軽い刺激で十分な事が多いです。

感染の可能性はありませんか?

当院は衛生面に十分配慮し、ディスポーザブル鍼(1回のみ使用の使い捨ての針)を使用しています。
また、てい鍼という刺さない鍼も多用します。これは先の丸い銅で出来た棒で、皮膚に接触するだけで中には入りません。気は体の表面を流れているので、つぼに当たれば刺す必要はないわけです。
また、シャーレ(針皿)その他の器具は使い捨て、もしくは高圧滅菌機(オートクレーブ)+超音波洗浄器+殺菌消毒剤(胃カメラの消毒につかわれる超強力なもの)にて万全の消毒をしていますので、肝炎、エイズなどの感染の心配は皆無です。

ホームに戻る
Plugin creado por AcIDc00L: bundles
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: posicionamiento web